代表挨拶

『材料にこだわり、そして長く住めるいい家を作りたい』

この度は小川建築のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。先々代から三代続く”小川建築”は地域密着型の建築工事会社として地元、富士宮市で数多くのお客様の大切な”家”づくりに携わって参りました。今後は日本建築の素晴らしさを全国のお客様に伝えていくと共に『小川建築品質』の日本家屋をご提供していきたいと考えております。弊社はこれからも無垢材にこだわり、美しくそして100年以上続く家づくりを行い続けて参ります。

今後とも小川建築をよろしくお願い致します。

代表 小川 賢一

_DSC4012 (1)

理念

『住めば住むほど味が出る、そんな家づくりを目指しています』

本当にいい家は長く住めば住むほど味が出てくるものです。 機能性ではありません。

小川建築では耐久性、機能性はもちろん住む人の心を動かすような家づくりを目指しています。

一生に一度の大切な買い物だからこそ、長年住める本当にいい家をご提供出来るように弊社では思いを込めた家づくりを行います。

木の話し

配管の話

今日は、配管の話について、配信したいと思います。

壁の中の配管は、現在の小川建築は、この様な形を取っております。

写真は、上水管(水・お湯)、下水パイプ、電気コンセント用ボックスです。

水には、頭が無いので、水周りは、易しい様で難しいです。(考えた場合・設計の場合・・・・)

次回は、チークの話について、配信したいと思います。

銘木の話

今日は、銘木の話について、配信したいと思います。

この木は、どんな顔を、出すか、分かりません。

写真の銘木は、木の皮部が、ロールしているので、面白い木目が、出るかもしれません。

次回は、配管の話の話について、配信したいと思います。

入母屋屋根の話

今日は、入母屋屋根の話について、配信したいと思います。

入母屋屋根は、ハッキリ言って手間が、掛かります。

入母屋屋根は、バランスが必要とされ、上のランクでは、美しいです。

袖入母屋(そでいりもや:機械加工が、可能)なる工法もあります。

次回は、銘木の話について、配信したいと思います。

銘木加工の話

今日は、銘木加工の話について、配信したいと思います。

銘木の加工は、木の事を知っていてやるのが大前提です。

写真は、銘木を手で加工している所です。

次回は、入母屋屋根の話について、配信したいと思います。

木製の門戸の話

今日は、木製の門戸(名人作)の話について、配信したいと思います。

この門は、銘木使用(雨でも平気)の、建具の名人作の門戸です。

名人も、頑張って作ってくれました。

デザインや、映像加工による、お施主様の選択や、建具の名人のアレンジもあり、誕生した門戸です。

次回は、銘木加工の話について、配信したいと思います。

原木の話

今日は、原木の話について、配信したいと思います。

未だ、製材加工せず、これから製材加工しようとしている木を、原木と言います。

写真は、欅の原木で、天然乾燥済みの木です。

人工乾燥は、否定はしませんが、・・・・です。

丸太選び・製材加工の良し悪し・顔を出した木目で、価値が、ひどく変わる事があります。

次回は、木製の門戸の話について、配信したいと思います。

会社概要

詳しくはこちら
社名 小川建築
事業内容 ♦建築工事業
・日本建築大工・各種大工
・建築設計・CAD製図
・建築現場管理・監督
・各種建築物の調査・報告
・確認申請・製図
・施工図・詳細図
・各種伏図・各種図面 
代表 小川 賢一
所在地 〒418-0064
静岡県富士宮市元城町10-9
TEL 0544-23-0826
/090-1984-5803
従業員数 3名
大きな地図で見る