代表挨拶

『材料にこだわり、そして長く住めるいい家を作りたい』

この度は小川建築のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。先々代から三代続く”小川建築”は地域密着型の建築工事会社として地元、富士宮市で数多くのお客様の大切な”家”づくりに携わって参りました。今後は日本建築の素晴らしさを全国のお客様に伝えていくと共に『小川建築品質』の日本家屋をご提供していきたいと考えております。弊社はこれからも無垢材にこだわり、美しくそして100年以上続く家づくりを行い続けて参ります。

今後とも小川建築をよろしくお願い致します。

代表 小川 賢一

_DSC4012 (1)

理念

『住めば住むほど味が出る、そんな家づくりを目指しています』

本当にいい家は長く住めば住むほど味が出てくるものです。 機能性ではありません。

小川建築では耐久性、機能性はもちろん住む人の心を動かすような家づくりを目指しています。

一生に一度の大切な買い物だからこそ、長年住める本当にいい家をご提供出来るように弊社では思いを込めた家づくりを行います。

木の話し

木製建具(メ-カー製ではありません)の話

今日は、木製建具(メ-カー製ではありません)の話について、配信したいと思います。

木製建具は、奥深いと思います。

長年使っていると、手になじむし、木の味も出て来ます。

写真は、檜葉と、杉の柾目(高級品)で造る舞羅戸です。

柾目は、1本の丸太から、とり方によりけりですが、あまり取れません。

次回は、原木の話について、配信したいと思います。

木工建具の名人

今日は、建具の名人の話について、配信したいと思います。

木製建具の加工は、難しく、木と話が出来るレベルでないと、難しいかも知れません。

写真は、特に難易度の高い欅の建具です。

この住宅は、欅がふんだんに使用されており、色々な技法を用いた、大きなセカンドハウスでした。

次回は、木製建具(メ-カー製ではありません)の話について、配信したいと思います。

良い家の条件の話

今日は、良い家の条件の話について、配信したいと思います。

良い家の条件としては、まずは、良い無垢の材料を使って当たり前です。 合板や、新建材は、・・・・です。

小屋組・柱・筋交い・床・土台・地盤だけでもセットではなく、しっかりした物を、しっかりと使用したい物です。

風化すると、ゴム類・プラスチック類は、もろくなります。 水道のゴムパッキンがいい例です。

次回は、木工建具の名人の話について、配信したいと思います。

名人の話

今日は、名人の話について、配信したいと思います。

名人は、どんな仕事であろうが、平然とやり粉す人を指し、簡単になれるものではありません。

写真は、名人の取り付け仕事で、まず美しい。 しっかり付いていて当たり前の様子です。

名人の集中力は、凄いです。

次回は、良い家の条件の話について、配信したいと思います。

銘木加工の話

今日は、銘木加工の話について、配信したいと思います。

銘木(めいぼく)は、高級な和風住宅には、欠かせません。

写真は、大きな鋸(のこぎり)で、銘木の加工をしている所です。

次回は、名人の話について、配信したいと思います。

木の割付の話

今日は、木の割付(木割:木の良さを、最大限に活かす挽き方・・・・)の話について、配信したいと思います。

木は、挽き方により、木目も変わります。

写真は、どう挽くかを、考えた写真です。

次回は、銘木加工の話について、配信したいと思います。

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 27

会社概要

詳しくはこちら
社名 小川建築
事業内容 ♦建築工事業
・日本建築大工・各種大工
・建築設計・CAD製図
・建築現場管理・監督
・各種建築物の調査・報告
・確認申請・製図
・施工図・詳細図
・各種伏図・各種図面 
代表 小川 賢一
所在地 〒418-0064
静岡県富士宮市元城町10-9
TEL 0544-23-0826
/090-1984-5803
従業員数 3名
大きな地図で見る