オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2022年9月

良い物は良いです。

どんな状態でも、良い物は良いです。

写真は、秋田杉です。

まだまだ杉には、色々な種類が、あります。

小川建築

こんな立派な家もいいです。

こんな立派な家もいいです。

立派な家に、日本庭園・・・・

家の中に入ると驚きの凄さ。

やはり、良い物は、良いです。

悪い物には、絶対ワケがあります。

小川建築

これが、良い家です。

これが、良い家です。

木造2階建の住宅は、沢山ありますが、中は凄いし、外も凄いです。

こういう家が、良い家です。

小川建築

小川 登志廣の犬です。

小川 登志廣の犬です。

ドーベルマンと言うと、怖いイメージがありますが、本当は、頭が良く、優しい性格です。

ただ、とても奥が深いです。

小川建築

建築の世界は、責任も多いです。

建築の世界は、責任も多いです。

建築では、高価な材料の施工が、多いです。

ヘタをすると、とんでもない買い物を、する事となります。

そうならない為にも、業者選びは、重要です。

看板のチカラで、施工をしているのは、・・・・です。

名人は、看板を出しません。

小川建築

しっかりした木組みで、災害も平気です。

しっかりした木組みで、災害も平気です。

屋根・小屋組・柱・床・土台・基礎は、ちゃんとして、当たり前です。

地盤・立地は、重要な条件です。

小川建築

多少の災害は、平気です。

小屋組は、しっかりと組みたいです。

小屋組がしっかり組まれて、野地板、屋根防水がしっかりしていて、地盤がしっかりしていれば、多少の災害は、平気です。

小川建築

この渋さを分かっていただきたいです。

この渋さを分かっていただきたいです。

本当の日本建築は、年戸とともに、渋さが増します。

完成して、プロの磨き職人さんが、作業を終えると、良い感じになります。

どうなるかは、説明段階で、しっかり話合ってから、考えてから、お施主様のコスパの良い方にします。

小川建築

この様な住宅が、減りました。

この様な住宅が、減りました。

今の家は、弱点が多いと、思います。

入母屋屋根も、本式と、袖入母屋屋根(機械加工が可能)があります。

御要望なら何でも聞きます。

小川建築

良い木目を出すのは、大変です。

製材加工して、良い木目を出すのは、大変です。

製材加工も、よほど木の事が、分からなければなりません。

節(ふし)を出さずに木を使用するには、相当な技術がいります。

同じ木目が並んでいたり、木の隅が変な物・・・・「なんちゃってモノ」は、色々な手口があります。

小川建築